ダンジョン探索ゲーム

【BitBucket】BitbucketとSourceTreeを使って自分のプロジェクトをPCでバージョン管理する

前回はGitHubでプロジェクトをインターネット上に公開型リポジトリとしてバージョン管理する方法を備忘録で書きましたが、今回はGitHubとは別の分散型バージョン管理であるBitbucketを使ってバージョン管理をしてみました。Bitbucketは無償で非公開リポジトリを利用する事ができ、個人開発の人や小規模チームには大絶賛されている分散型バージョン管理のサービスです。今回はローカルPC上でリポジトリを作成して、管理されているリポジトリをSourceTreeという管理ツールを利用してバージョンの変更や復元を試します。※スクリーンショット等は撮らずに殴り書きしている為、一部間違いや過不足があった場合はご了承ください。

■目標
ローカルPC上でプロジェクトをBitbucketとSourceTreeで管理して、自分のプロジェクトのバージョン管理ができるようにする。

■目次
1.BitbucketアクセスとSourceTree起動の手順
2.新規リポジトリの作成とローカルリポジトリ管理のテスト
3.プロジェクトをコミットした時点に戻す手順


■1.BitbucketアクセスとSourceTree起動の手順

1.Bitbucketにアクセスする。
2.未作成の場合はBitbucketのアカウントを作成する。アカウントが無いと利用できません。
3.管理ツールであるSourceTreeをインストールする。
4.SourceTreeを起動します。


■2.新規リポジトリの作成とローカルリポジトリ管理のテスト

1.メニュー”新規/クローンを作成する”を選択する。
 -リポジトリのタイプ:Git
 -保存先のパス:作成した空のフォルダ
 -リポジトリをブックマーク:チェック
 -名前:自分のプロジェクトの名前
 -フォルダ:ルート
2.作成を選択する。
3.リポジトリ一覧に作成したプロジェクトの名前のフォルダが表示される。
4.リポジトリ一覧で右クリックしてエクスプローラーで表示を選択する。
5.テストで表示されたエクスプローラーでテキストファイルを新規作成する。
6.新規作成したテキストファイルの中にHello BitBucket!!!と記述してテキストを保存する。
7.SourceTreeの画面に(?)がついた、先ほど作成したテキストファイル名が表示される。
8.(?)がついたファイルはリポジトリ管理にまだ未登録の状態。(?)の横のチェックを選択する。
9.作業ツリーのファイル欄から[Indexにステージしたファイル]の欄に選択したファイルが移動する。
10.メニューバーのすぐ下のコミットボタンを押す。
11.コミット時にはコメントが入力できる。今回は”this is my First BitBucket Commit.”と入力する。
12.コミットすると、ファイルの一覧表示が消える。
13.リポジトリの内容を表示しているウィンドウ領域の中に、”保留中のファイルを表示、ファイルステータス順”と表示されている箇所を選択し、”保留中のファイル”から”すべて”に選択を変更すると、リポジトリ内のすべてのファイルが表示される。
14.先ほど作成したテキストファイルの中身に二行目を追加する。適当に”Hello BitBucket Second!!”と入力してみます。
15.”作業ツリーのファイル”欄を見ると、オレンジ色の[…]のマークがファイルの頭についている。これは前回から変更があったファイルにつくマーク。
16.[…]ファイルのチェックボックスを選択し、コミットします。コメント欄は”2回目のコミットです。”としておきます。
17.コミットの履歴を確認する。ブランチ→masterを選択する
18.過去に行ったコミットのコメント一覧が表示されます。


■3.プロジェクトをコミットした時点に戻す手順

1.ブランチ→masterを選択する。
2.”this is my First BitBucket Commit.”をダブルクリックします。
3.警告は無視してOKします。
4.ダブルクリックして復元したコミットの頭には”HEAD”マークがつきます。
5.ブランチを選択して、ダブルクリックをするだけでいつでも前のバージョンに戻る事ができます。
※テキストの中身にHello BitBucket Secont!!の文字がないことを確認
6.再度最新版のmasterがついているバージョンに戻します。masterと頭にあるテキストファイルをダブルクリックします。(2回目のコミットです。をダブルクリックする)
7.HEAD表示がなくなればOKです。


//まとめ
1.Bitbucketにアカウントを登録する。
2.SourceTreeをインストールする。
3.SourceTreeでリポジトリを作成する。
4.ファイルのコミットができるようになる。
5.ファイルをコミットしたバージョンに戻すことができるようになる。


-Google PR-