Windows7からWindows10にアップグレードした時のメモ

Windows7を開発環境で使用しておりましたが、Windows10が有償になる前に、アップグレードすることにしました。妻が先にアップグレードしていたのですが、OSの雰囲気が良い感じであった事やマイクラのPE版がインストールできてスマホと連携して家族で一緒に協力プレイできるという事にも魅力を感じました。

Windows更新の際にアップグレード用のファイルをダウンロードできていなかったようで、
WEBサイトからWindows10のアップグレードツールをダウンロードしてからアップグレードを行いました。

■超ざっくりな手順
1.URLにアクセスする
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-upgrade

2.今すぐアップグレード をクリックする。

3.GetWindows10-Web_Default_Attr.exeを入手する。

4.GetWindows10-Web_Default_Attr.exeを実行する。

5.今すぐアップグレードをクリックする。

6.ダウンロードを開始しています…と表示されるので待つ。

7.マイクロソフトライセンス条項が表示されるので、同意する場合は
同意するをクリックする。

8.インストールを開始 をクリックする。


動作は今のところ快適で7の時よりも動作や起動が軽快になった気がします。
Unity5.3.4にインストールしなおして、作成中のプロジェクトのテストプレイが
うまく動かないトラブルがありましたが、そちらも無事に解消したのでとりあえず安心です。

ディレクトリ階層等も変更なく利用できております。
メニューから各種プログラムの起動は最初は戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れると思われます。
取りあえず難しいこと無しに終えられて良かったです。