簡単!全天球360°写真をグーグルストリートビューへ公開・投稿する手順

THETAの360°全天球写真をストリートビューに公開しています。
簡単な手順で誰でもGoogleStreetViewに公開する事ができます。

致命的なほど非常に忘れっぽいので、全天球写真をグーグルストリートビューへ公開する方法を備忘録として残しておきます。
この手順を見れば忘れてしまっても大丈夫です。


ざっくり過ぎる手順

1)Thetaで撮影した写真をiphoneに取り込みます。
 ※thetaアプリを使って取り込む事ができます。
2)投稿の前にプライバシー保護のため、ぼかして加工します。(車のナンバープレート、人の顔等)
 ※thetaアプリを使ってぼかし加工をする事ができます。
3)iPhoneでストリートビューアプリをインストールします。
 ※Androidも多分一緒です。
4)アプリを起動します。
5)画面下方のプラスボタンをタップします。
6)”360°パノラマ写真をインポート” というボタンをタップします。
7)カメラロールにアクセスする事ができ、その中から全天球写真を選択する事ができます。
 ※修正した場合は修正後の写真を選びましょう。
8)チェックして選択した状態で画面右上の完了ボタンをタップします。
9)ストリートビューアプリ内に ”公開の準備完了です” と表示されます。
10)読み込んだ写真を選択します。
11)GoogleMapに公開します という箇所をタップします。
12)確認ダイアログが表示されるので内容を確認します。
13)しばらくするとGoogleStreetViewで自分が公開した場所の全天球写真が確認できるようになります。

スマートフォンとiPhoneから確認するには、
ストリートビューアプリからアクセスするのが簡単です。
アプリを起動してプロフィールのところをタップすると自分が公開した写真を確認する事ができます。

他の公開写真より10倍以上アクセスされているのが、下記のものです。
・狸小路商店街ドンキホーテ前の360度写真

同じようにドンキホーテが映る写真は他にも公開しているのに、
これだけがアクセス数が良い理由は不明です・・・

関連記事
リコーのTHETAで全天球写真を撮影してSNS共有する方法

おすすめ記事
ストレス解消にならないゲーム ~スキャッタースキャッター ver0.01 WEB~
史上最悪の新作Androidアプリ「100万分の1の妻卵 ~つまらん~」を公開
スキャッタースキャッター for WEB
操作性が酷すぎるダンジョンゲーム WEB