Xperia Z4 Tabletとキーボードのセットを1週間ほど使ってみての感想

家計が苦しい中、一括大特価セールに目が眩み、衝動買いしてしまった
Xperia Z4 Tabletですが、非常に快適に動作しています。
記事の更新頻度も元をとろうとやっきになって記事を書いている為か、
3月と比べればかなり良い頻度で更新しています。
(更新しているが、記事の中身が酷いとか言わないでください。。。)


-開けたファイルとかOffice製品の利用について

キーボードが届いて1週間足らずですが、Officeソフトの動作は問題ありません。
ちょっとした業務でファイルの編集も問題無くできてしまうと思われます。(未実施ですが)
PowerPoint資料も問題なく確認する事が出来ますし、Acrobatをインストールすれば、PDFファイルも閲覧する事が出来ました。
しかし、Office文書を編集するにはOffice365が必要な為ライセンスを持っている必要があります。ライセンス登録が無い場合でもファイル閲覧するだけならば可能でした。

—–2016/4/21 追記
Powerpointの方にマイクロソフトアカウントの登録をすると、編集可能になりました。
機能が限られた状態で作成も編集もできるようになりました。
Upgrade版と無償版で何が違うのかは分かっておりませんが、プレゼンテーション用の
資料を作成する分には問題なく使えております。
ただ・・・図の編集中に原因不明のエラーでアプリケーションが終了する事が多く、安定動作には
少し課題がありそうです。復元する機能はあるのですが、それでも完全には戻らない事があるので、
ファイルをこまめに保存しながらの作業をおすすめします。


-本体重量・携帯性について

iPad Air2より軽いです。
しかしB5のセカンドバックには入りませんでした。


-Amazonから購入したZ4Tablet用のKuGiのキーボードについて

キーボードをセットにして外出先でもブログの更新やアイディアのメモもキーボードから行いたいと考えていた為、Amazon通販からKuGiのZ4 Tablet対応のキーボードとタッチペンのセットを購入しました。2980円で大変お買い得でした。
Xperia Z4 Tabletと組み合わせると、Amazonのレビューにも書かれていた通り重量が増えて携帯性は落ちるのですが、保護カバーとして考えた場合、かなりガッチリとしたフォルムとなるので鞄に入れて普通に通勤等をする場合でも、安心できます。
付属のペンはそれほど高級なものでは無く100均ショップに同じようなデザインのものが売っておりましたが、オマケとして考えても充分な性能です。タッチパッド等はついていないので、カーソルやポインタを合わせる時は直接画面をタッチペンでタップします。


-キーボードの操作について

キーボードについては日本語入力切り替えがFn+Lキーなのですが、
これは利用期間が長引けば自然と慣れて気にならなくなりそうです。
キー配置とサイズについては、最初はキー入力を間違えたりしておりましたが、
慣れていくと打ち間違いも減っていきましたので慣れれば問題ないと思います。

キーボードのバッテリーについては、定期的にUSB充電が必要です。
商品が届いてからまだ1度も充電していないのですが、かなり持ちが良いと思います。


-画面の見やすさやエディターについて

他のタブレットはあまり使った経験が少ないのですが、見づらいと感じる事は今のところありません。
画面はかなり見やすく、テキストエディタソフトをインストールすると快適に書き物やコード編集が出来ると思います。
私はフリーソフトのQuickEditを利用してみることにしました。フリーですが直感的にファイル保存等が出来るのでストレス無く使えております。
無償版はファイル保存の際に広告が表示されたりしますが、それ以外では常に広告が出ている事も無く、快適に利用できています。この記事もQuickEditを利用して文書フォルダに保管しながら執筆しています。課金をすることで保存する時のポップアップ広告を非表示にできるようです。ファイルの保存も読み出しも分かりやすいインタフェースで楽に行えるので、オフライン環境で記事を書きためて、オンライン環境になったときに更新作業を行うようにしています。


まだ利用を初めて1週間しか経っていませんが、もっと便利な利用方法があれば、これからも追加で紹介していきたいと思います。

関連記事
DOCOMOショップでipad Air2とXperia Z4 tabletを購入
Android開発をはじめる時に参考になりそうなカレンダーアプリのサイトまとめ+α
史上最悪の新作Androidアプリ「100万分の1の妻卵 ~つまらん~」を公開
何も知らない状態からVRテストアプリをAndroidで動かした時のメモ