Linux OSの種類と特徴のまとめ(簡易版)




Linuxサーバについてクラウド環境やローカル環境にサーバを立てる際に、どのOSを選択すれば良いか迷ったので簡単に調べてみました。LinuxOSは種類が多い為一部のみです。


・Red Hat Enterprise Linux

商用のLinuxディストリビューション。無料でダウンロードと利用をする事ができる。有償でバイナリ版の入手とサポートを受ける事ができる。商用のLinuxとして最も人気が高い。標準は小規模サーバ環境向けであるが、大規模環境向けのオプションも存在する。有料でサポートがあるのが特徴。


・CentOS

Red Hat Enterprise Linuxとの互換性があるフリーのLinuxディストリビューション。Red hat Enterprise Linuxの機能の内、オープンソースコードを集めて再度編集されたOS。CentOS開発プロジェクトという団体によって無料で配布されている。
呼び方は(セントオーエス)。
企業や学校など幅広く利用されている実績がある。
初心者向けの解説やインストール方法などが多数Web等で紹介されている事が多い。また、VPSやクラウドサービスでもインストールOSの選択肢として多く出てくる。

下記リンクの導入手順が丁寧で分かりやすいです。
CentOS6のインストール手順


・Ubuntu Linux

世界中で一番利用者の多いサーバーOSのLinuxディストリビューション。世界中で一番利用されているサーバーOSであると言われている。日本のシェアはCentOSの方が多いらしいが、日本国外のシェアではUbuntuの方が多い。シェアが多いという事で将来的にもサポートが安心できる可能性が高いとの意見がある。
またLinux環境向けのAndroid Studioがインストール出来たり、KVMを利用する事で高速で端末のエミュレータを動かす事が出来るらしいので、個人的には是非使いこなしてみたいOS。Windowsに近い操作感で使う事が出来る。インストール方法の簡易さと日本語のサポートに優れる為、日本でのシェアも増えてきている。

Ubuntuの入手は下記リンクからできます。
Ubuntuの入手(日本語)


・Gentoo Linux

パッケージのインストールの度にコンパイルする為、カスタマイズ性が高いが、初心者向けでは無い。インストールの度にコンパイルする為、インストールに時間がかかる。必要が無い機能を省いてパッケージをインストールする事が出来る為、知識や経験が豊富な人は理想的なOS環境をつくる事が出来る。GUI環境向きでは無いが、各種サーバを最小の構成で立てる事には向いている。
twitterで#gentooinstallbattleで検索してみると色々とインストールされている方のツイートが読めるので、雰囲気がなんとなく掴めるかも知れない。

下記の記事がインストールを丁寧に解説していて大変参考になります。
GentooLinuxをインストールする


・Debian Linux

フリーのOSで、歴史が長く安定に定評がある。優れたパッケージ管理システムがあり、メンテナンスの単純さが特徴である。長年使用されている安定性が確認されたソフトウェアが多い。インストール可能なフリーのソフトウェア数が43000以上もある。フルパッケージが無料というのも特徴。Debianから派生したディストリビューションとしてUbuntu Linuxがある。


他にも多数のディストリビューションがあり、全ては調べきれませんでした。
近年は仮想化技術の進歩で個人ユーザーが簡単にサーバ環境を安価にクラウドに持つ事が出来るので、サーバを実際に立てて管理してみると、どのOSが良いかは比較する事が出来ます。

Webで導入方法についての記事が多いものが使いやすそうな印象を受けます。
ログサーバやストリーミングサーバ等、Linuxの経験が浅い私でも1日かからず簡単に立てられるほど色々な分かりやすい記事がウェブ上にたくさんあります。
使いたい機能や提供したいサービスに応じて選定していくのが良さそうです。

ローカル環境でもクラウド環境でもサーバを立てる際にはセキュリティ面で脆弱性が無いかのチェックは必須のようです。