iOSアプリのアップデート手続きでやった事のメモ

【最新バージョンのビルドとテストプレイ】
・ituneconnectにてGameCenterを有効化
 (singleで登録:一番簡単な機能)
・ituneconnectにてGameCenter内でテスト用ユーザーを追加しておく
・実機ビルドの前にケーパビリティの所でGameCenterを有効化
・UnityからXcodeに出力→Xcodeから実機にビルド
・実機にて動作テスト(1日間持ち歩きでテスト)

【テストが問題なかったら】
・Xcodeからproduct->scheme->archive
・validate->validate
・submit to storeでstoreに最新版のビルドを送る
・ituneconnectでビルド欄の+を押し、先ほどのビルドを選択する(今回はver1.1なので1.1を選択)
・アップデート欄が書いてない場合は、警告されるのでアップデート内容を記述する。
・スクリーンショットや動画、タイトル、キーワードを更新する際は、このタイミングで更新する。
・右上の審査に出すボタンを押す。

【審査を待っている間】
言語圏ごとにスクリーンショットを用意する。
言語圏ごとにキーワードを再考する。
言語圏ごとにタイトルを再考する。
言語圏ごとに説明文を見直す。

色々と書いていますが、現時点ではダウンロード数平均一桁です。
今回のバージョンアップでどれだけ効果が出るかによって、
行った対策内容の効果について分かってくるかと思います。