unity5のIOS書き出し設定メモ

■利用Version
Unity5.1.1f personal

■IOS書き出しまでの手順
1)メニューからEditを選択する->Build Settingを選択
2)PlatformにiOSを選択する
3)ゲーム化するシーンをScenes in Buildの欄に入れておく
4)Run in Xcode as を Release に選択する
5)Player Settingを選択する

—–以下 Player Settingの項目——–
変更した箇所のみ記述
1)Other Settingを展開する
2)Scripting BackendをIL2CPPを選択
3)Target Device を iPhone + iPad に選択
4)Target Resolution を Native(default device resolution)に選択
5)Architecture を Universal

[Optimization]
Api Compatibility Level : .NET 2.0 Subset
Prebake Collision Meshes : non check
Preload Shaders : non check
SDK Version : Device SDK
Target iOS Version : 6.0
Stripping Level* : Strip Byte Code
Script Call Optimization : Fast but no Exceptions
Optimize Mesh Data* : check

再びBuild SettingのWindowで
Buildを選択し、iOS書き出し用のフォルダ名を決めてOKをする。

書き出した端末がXcodeが無いPCの場合、
書き出されたフォルダまるごとをUSBストレージや
ネットワーク上の共有ストレージに圧縮してから保管し、
XcodeがあるPCでそのファイルを展開する。

最後は、Unity-iPhone.xcodeproj を開き、Xcodeから
実機用に書き出しを行うことができる。