【Unity】AndroidのAPK書き出しの際のKeyStoreの設定

投稿者: | 2017年3月19日

いつも忘れてしまうUnityでGooglePlayStoreにAPKファイルをアップロードする際に、必要なKeyStore情報の登録方法の備忘録

Platform変更方法

1.UnityメニューバーからBuildSettingを選択する
2.Platform:Androidを選択する

KeyCreate方法

1.PlayerSettingを選択する
2.Publishing SettingsでCreate New Keystoreにチェックを入れる。
3.Keystore passwordを入力する
4.Confirm passwordを入力する
5.Browse Keystoreボタンを選択し、keyファイルを保存する
6.Key->AliasでCreate new Keyを選択する

KeyCreateの入力内容

1.Alias:Keyの名前を入力する
2.Password:Keyのパスワードを入力する
3.Confirm:パスワードの再入力をする
4.Validity(years):年数を入力する
5.First and Last Name:氏名を入力する
6.Country Code:JPを入力する(日本の場合)
7.Create Keyボタンを押す

APKファイルをBuildする

1.上記作業後に、Publising SettingsのKey選択の時、Aliasのプルダウン項目内に先ほど作成したAlias Keyの名前の項目が選択できるようになっている。
※Unsigned(debug)のままだと、GooglePlayにアップロードの際に弾かれてしまう。
2.Keyを選択して、Passwordを入力し、Build SettingsでBuildボタンを選択し、APKファイルを作成する。

APKファイルの命名規則

特に決まりはないけど、当方は他のサイトの例を参考にして次のようにしています。 [プロジェクト名_X_Y_Z.apk]
X:メジャーバージョン 大規模改修時に増やす
Y:マイナーバージョン 新しい機能追加等の時に増やす
Z:累積バージョン バグ修正や軽微な修正時に増やす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA