【WordPress】 SyntaxHighlighter Evolvedを導入してソースコードをブログに読みやすく表示する

技術の向上にはライブラリを作った方が良いと、こちらの記事で書いてあったことがとても参考になり、今更ながら自分のライブラリ作成に着手しました。私のソースコードを公開しても誰得だよ事案になってしまうのですが、WordPressのソースコードを綺麗に表示できるPluginを使用してみました。

これで全くイケてない私のソースコードも少しはマシに見えるかも知れません。
(※このプラグインを使用してもコードの中身は綺麗になりません)


■プラグイン利用までの手順
1)WordPress管理メニューのプラグインを選択
2)SyntaxHighlighter Evolvedを検索してインストール
3)インストールが完了後に有効化する
4)ブログ記事中にソースコードを貼り付けてプログラム言語ごとのコード[言語名]~[/言語名]でくくる。
言語ごとのショートコード情報はこちらを参照。

参考:エディタのように綺麗にソースコードを表示できるプラグイン – SyntaxHighlighter Evolved の使い方


では早速使ってみましょう。

■関数を参照する方のソースコード

//変数宣言する
int a = 10;
int b = 2;
int c = 0;

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//shangrilacreateは関数をたくさん格納する予定のクラスファイルshangrilacreate.cs
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

//足し算関数を呼び出す
shangrilacreate.PlusFunction(a, b, ref c);

//結果をUnityのコンソール画面にログ出力する
Debug.Log(c);

//乗算関数を呼び出す
shangrilacreate.MultiplicationFunction(a, b, ref c);

//結果をUnityのコンソール画面にログ出力する
Debug.Log(c);


■ライブラリ側の関数(shangrilacreate.cs)

    /// <summary>
    /// aとbの足し算の結果をcに格納して返す
    /// </summary>
    /// <param name="a">値1</param>
    /// <param name="b">値2</param>
    /// <param name="c">返す値</param>
    public static void PlusFunction(int a, int b, ref int c)
    {
        c = a + b;
    }//PlusFunction


    /// <summary>
    /// aとbの乗算結果をcに格納して返す
    /// </summary>
    /// <param name="a">値1</param>
    /// <param name="b">値2</param>
    /// <param name="c">返す値</param>
    public static void MultiplicationFunction(int a,int b,ref int c)
    {
        c = a * b;
    }//MultiplicationFunction


今まで参照渡しも知らずによくアプリなんか出せたものです・・・
こちらの記事で今更ながら学びました。